家庭医学・健康

生活習慣病は薬では治らない、心臓病も予防すれば薬がやめられる?!

更新日:

6回の手術を受けた人

糖尿病、高血圧、高脂血症があり、狭心症の手術を6回受けているという方が自然療法医のところに相談にみえました。
ご本人は事の重大さには気がついていないのですが、奥様が心配になり連れた来られたのです。

ご本人は、食べることがとにかく好きです。
病院であれこれと栄養指導を受けましたが、そんなことをするくらいなら死んだ方がましだし、何かあれば薬を飲めばいいという考えです。

確かに、好きなものが食べれないのはつらいでしょう。
しかし、薬を飲めばいいとう考えはちょっと待ってください。

高血圧症や糖尿病が進むということは血管がボロボロになるということです。
そうなると、脳卒中で倒れて死んでしまうか、寝たきりになっていきていくか、自分では選ぶことは出来ないのです。

日本では、健康や医療に対する認識や知識があまりにも知らされていないと感じます。
先ほどの人のように、先がどうなるかは考えないというより知らないため、薬を飲めばいいという考えに至るのです。

それが常識となり、私たち日本人の病気への対策となっています。

薬を飲めばいいのか

薬を飲むというのが、私たちの常識になっていますが、医療には2種類あることを知りましょう。

一つは、皆が知っている現代医学で、薬で症状を抑える医療です。
日本の医療はこれだけしかないため、世界の5分の1の薬を日本人だけで消費しています。

もう一つは、日本以外の先進国で行われている医療で、自然医学や予防医学です。
日本以外の先進国は現代医学では患者や病気を減らせないため、自然医学や予防医学にシフトしていっています。
その結果、ガンや生活習慣病が減っているのです。

日本はいまだに現代医学だけなので、年々生活習慣病やガンが増え続けています。
もともと、現代医学は重篤な感染症に対して薬の力は絶大です。
途上国ではマラリアなどに子どもたちが感染して死んでしまうのを国境のない医師団がいって薬で命を救っています。

また、現代医学の目覚ましい進歩は手術の技術にあるでしょう。
救急疾患に対処する技術の専門です。
心筋梗塞で倒れたが緊急手術で命が救われることが多々あるでしょう。

つまり、現代医学は重篤な感染症と急性疾患に関するプロフェッショナルなのです。
先進国では途上国に比べ感染症ではなく、がんも含めた生活習慣病で命を落としていることがほとんどです。

急性疾患の場合、手術や薬がとても有効ですが、もともとは生活習慣が原因となっているため、予防医学や自然医学が専門なのです。
目的や役割が違うということは、現代医学だけではガンや病気を防げないですし、減らせないのは当たり前といえます。

餅はもち屋へ

現代医学の方法は、症状を薬で抑える対処療法であり、治すことではありません。
根本治療は、薬ではほとんど出来ないのです。
これはもちろん現代医学の医師も知っています。

例えば、高血圧の薬は血圧の薬を一生飲まなければいけないというのは、その方法でしか現代医学では対処できないため当然といえます。
日本では、この方法の医療のみのためそれが常識とされているだけであり、じつは世界的には非常識なことなのです。

自然医学や予防医学が行われている国々では、高血圧の80%は薬を飲む必要がない状態に出来てしまいます。
その方法をとるのが、自然医学や予防医学なのです。

現代医学の医師は、予防法や生活習慣を専門的に学んでいません。
じつは、現代医学の医師自身が高血圧症になって薬を使いたくない場合は、自然医学や予防医学に相談に来ます。
循環器科の医師自身が、アレルギーでステロイドをこれ以上使いたくないと言い、自然医学や予防医学に相談に来ます。
糖尿病の専門医自身が糖尿病になって薬を使いたくない場合も、自然医学や予防医学に相談に来ます。
内科や精神科の医師であっても、自然医学や予防医学に食生活の相談に来るのは当たり前なのです。

皆さんは、食生活や運動のこと、体質によって違う生活習慣のことも全部、現代医学の医師は知っていると思っているのではないでしょうか。
しかし、その分野は現代医学の専門ではなく、医学部では学ばないため聞いても知らないのです。

まさに、その分野の専門は自然医学や予防医学であり、餅は餅屋なのです。

根本的に治るとは

そのことを知った狭心症の手術を6回受けた患者さんは、ただ薬を飲んでいればいいと思っていた考えを新たにしたようでした。
予防医学や自然医学を取り入れ、体調が整ってくれば薬はだんだん必要ではなくなります。

しかし、何も対策をとらないで薬だけ止めても、薬で抑えられた症状が出てくるので、自己判断は危険です。
専門家の指導のもと、正しく対策をとっていけば、多くの場合は徐々に身体が正常に機能するように戻ってきますので、薬がいらなくなってくるのです。

これが、元に戻る=根本的に治るということです。

日本でも、アメリカやヨーロッパのように政府自体が予防医学や自然医学にシフトしてしていかないと、いまの情報社会により気がつく人が増えてきてもまだまだ私たち国民には浸透しません。

私たちは、「病気になったら病院に行き、薬を飲む」という考えが定着しています。
しかし、ガン、心臓病、脳卒中、糖尿病、自己免疫疾患など、これらみんなは生活習慣が原因です。
なので、考え方を新たにしないと病気は防げないのです。

まとめ

現代医学と予防医学・自然医学の専門分野は違います。
感染症や急性疾患は現代医学が得意とするところであり、生活習慣病と呼ばれるものは予防医学や自然医学が得意とするところなのです。

早くそのことに気がついてもらいたいですし、知って行動してほしいと思います。
検診や人間ドックは病気を発見するためのものです。

発見でなく、病気にならないための予防についてその専門家に相談し、自分はどのようにすればよいのかを知ることのほうがはるかに大事ではないでしょうか。

-家庭医学・健康
-,

Copyright© 松岡鍼灸接骨院/マッスルテスト松岡 , 2019 All Rights Reserved.